第9話「未知なる災い」

情報

ユニット

初期配置

味方
  • アーガマ(ブライト)
  • サイバスター(マサキ)
  • マジンガーZ(甲児)
  • コンバトラーV(豹馬)
  • 選択5機
  • グレイドン(ガルーダLV13)
  • ガルムス(LV11)×4

援軍、増援

味方
2PP
  • R-1(リュウセイ)
  • R-2(ライ)
  • R-GUNパワード(イングラム)
3EP
  • メギロート(LV12)×10

熟練度

熟練度の変動条件はありません。

強化パーツ

  • マグネットコーティング(ガルーダ)

その他

  • 熟練度が4以上の時、4EPに更に敵の増援

攻略

インターミッション

  • ポケステから資金+19999
  • ゲッターのEN(0→5)改造[使:8000]
  • アーガマにブースター
  • コンバトラーにアポジモーター
  • ゲッターにマグネットコーティング

本編

出撃選択
  1. ゲッター1(竜馬)
  2. 百式(カミーユ)
  3. ガンダムMK-II(レコア)
  4. ガンダムデスサイズ(デュオ)
  5. リック・ディアス(エマ)
  6. ボスボロット(ボス)
  7. アフロダイA(さやか)
  8. メタス(クワトロ)
  9. コアブースター(スレッガー)
  10. ヒュッケバインMK-II(クスハ)

ゲッターは分離合体を駆使して1マス右へ、リックディアスも1マス右に移動してボロットで自爆。アフロダイはゲッターの上、バトルマリンとメタスでゲッターを修理。他は気合を使えるだけ使って格納、ゲッターは1に変形、コンバトラーは努力を使用するのを忘れずに。サイバスターは右から2番目のガルムスの下3マスへ移動。EPは近接攻撃に対してはディスカッターで反撃。

2PPではまずリックディアスを敵のいる方に移動。アフロダイで修理し、メタスはアーガマに格納。アーガマは加速してサイバスター下へ。ゲッター以外は発進してガルムスを攻撃。敵は技量低いので積極的にクリティカルを狙ってよし。少なくともこのターンではコンバトラーとヒュッケバインで1機ずつは撃墜する。この時コンバトラーは出来るだけグレイドンに近付き、ヒュッケバインはバルカンでしかガルムスを攻撃できないのでイングラムのてかげんを併用すること。この時ライとイングラムは4PPでグレイドンを攻撃できるように上に移動しておく。EPでは撃墜しない程度に反撃

3PPでは残ったガルムスの撃墜とグレイドンの削りを行います。加速を使ったアーガマをグレイドンに近づけてゲッターを発信させて攻撃し、反撃で受けたダメージはメタスの修理で経験値の確保。このターンでアフロダイでのリックディアスの修理を忘れてしまったけどさやかなら忘れても多分そこまで致命的にはならないと思うので続行。それまでも何回もやり直してましたから正直もうやり直すのはめんどい。残ったガルムスの撃墜はクスハとカミーユあたりで。ライとイングラムはグレイドンのいる方に向かい、マサキはこの後のEPに出てくる増援に備えて移動。この増援にはマサキ狙いのメギロートが4機いるので増援から遠くにいると反撃での撃墜が出来ません。他のメギロートもターゲット以外は射程範囲に入っても攻撃してこないので反撃での削りや撃墜がしにくいのも厄介なので反撃できる時は出来るだけ反撃をします。

4ターン目では残った敵を全滅させます。熟練度が3以下の時はEPに増援が出てこないのでPPで全滅させてよし。ゲッターはEPでダメージを受けていると思うのでメタスで修理。コンバトラーは攻撃する前に分離してタンクでもグレイドンを削っておく。合体したら超電磁スパークで攻撃。スピンは多分気力足りないはず。そしてライとイングラムでも削った後ゲッターが努力と幸運を使って撃破。残った敵はクスハが覚醒を使うなどして全滅させます。

クリア後の選択ではジャブロールートにします。ルート自体のターン数は南アタリアルートと比べても大きな差は無いとは思いますが後で大きな差が出るかも知れないと思ったので。思った通りに行かない可能性も十分にありますがね。

その他

累計

ターン数
28(+4)
熟練度
3
獲得資金
282592(+52799)
消費資金
106030(+10)

移動